DHAで視力回復

 

 

遠視の視力回復をするためには、なによりもまずは目を休ませることです。
そして食べ物をしっかりと選ぶ事が重要です。

 

目を休ませるためには瞬きをしっかりと行うようにしたり、充血をしている場合には目を冷やすようにしましょう。
目に疲れを感じている場合には目の周辺の血流が悪くなっている状態ですので、目を冷やすのではなく温める、ということも重要です。

 

目を休ませて視力低下を予防して、視力回復をするようにしましょう。
遠視に限ったことではなく、視力回復を行うのであれば食べ物から目に良いとされている栄養素を積極的に摂取することです。

 

視力回復において有名なものといえば、やはりブルーベリーですよね。
そしてビタミンAが豊富に含まれているうなぎやにんじんを積極的に摂取してみましょう。
また、DHAを多く含んでいる青魚を摂取してみるようにしましょう。

 

青魚にはDHA、EPAが豊富に含まれており、血液の流れを良くする、という効果を期待することができます。
血液の流れがサラサラになれば、目の血管にもたっぷりと酸素、栄養素を届けることができますよ。

 

普段の生活の中でより効率よくDHA、EPAを摂取するためにも、是非サプリメントを活用してみてください。
サプリメントであれば長期的に毎日続けやすいはずですよ。