DHAを缶詰から摂取する

 

 

地球の温暖化現象が原因となっているからか、魚の漁獲量が減少しつつあります。
そういったことからも鮮魚類もかなり高くなってきています。

 

そのため、ついつい肉類にばかり手を出してしまいがちですが、魚を食べるというのはDHAを摂取するうえで重要なことです。
では、缶詰などのような加工食品の魚でも良いのでしょうか。

 

添加物が使用されているのではないか…と不安に思われるかもしれませんが、それは間違っています。
水産缶詰などを製造している工場というのは漁港のすぐ近くにあることが多いです。

 

そのため、魚というのは缶詰にするときには急速冷凍をしている原料が使用されることが多いです。
つまり、鮮度に関しては抜群なのです。

 

そして真空状態での高温高圧によって加熱殺菌がされた後に冷却していますので栄養素が流出してしまうこともほとんどありません。
そのため、魚を骨ごとしっかりと食べることができるのでカルシウムも吸収しやすくなります。

 

それはもちろんDHAにおいても同じです。
DHAも缶詰であれば無駄なくしっかりと摂取することができますので、非常に効率よく摂取することができますので、サプリメントではなく魚を食べてDHAを摂取したい、という方にはおすすめです。