オメガ3を毎日摂取する

 

 

魚を毎日食べている人は血管年齢が比較的若い!
そのように言われているのをご存知でしょうか?
というのも、青魚にはオメガ3飽和脂肪酸であるDHAやEPAがたっぷりと含まれているのです。

 

港町などというのは、やはり魚を食べる機会が多いです。
そのため、青魚を多く摂取している地域では心疾患や高血圧といった病気を発症するリスクが軽減されているそうです。

 

このような青魚というのは普段の生活の中で手軽に摂取することができます。
ただし、青魚とはいっても、どのような調理法でも良いのか、というとそうではありません。

 

焼き魚というのは魚を焼くことによって、どうしても脂がどんどん落ちてしまいます。
そのため、せっかくのDHAやEPAも流れてしまいます。

 

そこで、おすすめなのはお刺身です。
お刺身であれば魚の身に含まれている脂もムダなくしっかりと摂取することができますよね。

 

ただし、このオメガ3というのは、摂取することで酸化してしまいます。
そのため、酸化を防ぐために、しっかりとビタミンCも摂取するようにしましょう。

 

ビタミンCは緑黄色野菜にたっぷりと含まれています。
そこでお刺身と一緒に緑黄色野菜も同時に摂取して、ビタミンCをしっかりと取り入れて酸化を防ぐようにしましょうね。