魚が食べられない時はDHAとEPAのサプリを飲みます

 

魚があまり好きでない人は案外多いと思います。
火を通しても多少の生臭さが残りますからね。
魚は健康に良いというし、大事なタンパク源なので週に半分くらいは食べた方が良いかもしれません。
でも苦手な人は無理に食べなくても良いと思います。
もちろん魚を直接食べた方が良いのでしょうが、サプリメントで栄養を補助することはできますから。
私は実家にいる時は毎日魚を食べていましたが、今はあまりお金が無いのでそれほど食べられません。
なので魚から摂取できるDHAとEPAはサプリメントで補っています。
DHAもEPAも不飽和脂肪酸というほとんど同じ仲間なのですが、できるだけ同時に摂取した方が良いと言われています。

 

コレステロールを下げるためにEPAが豊富な魚を食べます

 

まだまだ健康でいられる年齢だと思っていたのですが、血液検査でコレステロールが高めだということがわかりました。
コレステロールといえば油などにも含まれていますが、恐らく私の場合卵が良くなかったのでしょう。
ゆで卵が好きで一日3個は食べていましたが、卵にはコレステロールたっぷりですから。
そのため卵は一個にして、コレステロールを下げるためDHAとEPAが豊富な魚を毎日食べることにしました。
魚を食べるなら肉を食べたいと思ってしまうのですが、健康のために魚を多めに食事に取り入れることに。
EPAは青魚に特に多く含まれているそうです。
魚はシャケやタラくらいしか食べないのですが、サバやアジなどにも挑戦してみます。