オメガ3

MENU

魚はそんなに体に良いのか

 

魚が食べられないと言えば、少なからず非難めいた目で見られることもあるのではないでしょうか。食べられないものは食べられないのだから構わないでくれというところかもしれませんが、確かに全く魚を食べないというのであれば、栄養バランスについては少し心配になってしまう気持ちも分かります。

 

世の中には魚どころか生き物は食べないという主義の方もいるくらいですから、魚が食べられないくらい問題ないかもしれません。ベジタリアンに比べれば、お肉を食べられるだけ、栄養価については問題ないように思えます。しかし、人間にとって重要な栄養分である脂質に着目した場合、魚は食べられないけれどお肉は食べられるということは、やはり少し問題があると言わざるを得ません。

 

体内で働く脂質についての知識から、あなたの魚嫌いを非難するような人は少ないでしょう。具体的にどうして魚が体に良いのかは知らない人がほとんどであるはずです。

 

よって少なくとも、「こんなに体に良いものを食べないなんて…」というような非難は、フィッシュオイルサプリメントがあれば回避できます。むしろちょっと魚が好き程度の人よりも、このサプリメントを摂取している方の方が栄養という点で言えば優秀に違いありません。

 

もちろん、魚介類から得られる栄養の全てをフィッシュオイルで補える訳ではありません。しかし、今まで特に問題がなかったのならば、魚介類から得られるミネラルやビタミン等は他のもので補えていたということです。

 

その点、コレステロール値などの脂質バランスを調整するオメガ3脂肪酸、特に青魚に多く含まれると言われるDHA/EPAはフィッシュオイルと呼ばれるくらいですから、魚から摂取するのが最も効率的です。

 

コレステロール値を調整する、つまりいわゆるドロドロ血液をさらさらにする効果は、年齢を重ねるにつれてどんどん切実に必要になってくるはず。魚嫌いの弊害が表れるとしたら、中年以降の血液検査で問題が出てくる頃からでしょう。だからこそ、魚嫌いな方にはフィッシュオイルが必要なのです。

 

オメガ3

 

フィッシュオイル(オメガ3脂肪酸)の必要性

 

今まで魚嫌いで、もっぱらたんぱく質はお肉を中心に摂取していたというのならば、脂肪のバランスは既に崩れている可能性があります。ただでさえ、普通に魚も食べるという人でさえ、脂質のバランスは崩れ、血液はドロドロ状態、血管はボロボロということも多いのです。

 

その状態を劇的に改善するのが、DHAやEPAのようなフィッシュオイルなのです。

 

人の体で働く脂質には主に4種類あります。

脂肪酸、中性脂肪、(善玉、悪玉)コレステロール、リン脂質。

 

本来はこれらがバランスよく存在することで、私たちの体は健康に維持されているのですが、何らかの理由でどれかが足りなくなったり、多すぎたりすると悪影響が生まれます。

 

特に敵視されるのは、悪玉コレステロールと中性脂肪でしょうか。それぞれ適量であれば必要な脂質なのですが、多くなりすぎると前述したように血液はドロドロ、血管はボロボロという状態になってしまう。

 

脂肪酸にも飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸などの区別があり、不飽和脂肪酸の中にはさらにオメガ3、オメガ6、オメガ9脂肪酸というようにまたいくつかの種類に分かれます。

 

オメガ6脂肪酸に分類されるリノール酸は肉や卵、植物等に含まれており、現代人の食事では不足することはないどころか摂取過多になりつつあります。

 

なにせ、肉や卵は食べる機会が多い上、それを調理するサラダ油もなどオメガ6脂肪酸なのです。

 

それに比べ、オメガ3脂肪酸は青魚や亜麻仁油など、意識して摂らなければならない分、不足してしまう方がとても多い。

 

だからこそ、私たちはオメガ6脂肪酸を減らす努力とオメガ3脂肪酸を摂る努力をしなければ、たちまちにしてバランスが崩れてしまうのです。フィッシュオイルサプリメントは、簡単にこのオメガ3脂肪酸を摂れるものです。オメガ6脂肪酸を減らす努力も必要ですが、まずはバランスを調節することが先決です。

 

次項ではオメガ6脂肪酸が過多になり、オメガ3脂肪酸が足りないとどうなるかについてお話します。

 

DHAの豆知識:よく含まれる食品現代人の多くが自分自身の健康管理に気を使っており、健康体で長く健やかに暮らしたいと考えて行動している人が非常に多くなっています。最近ではスマートフォン用のアプリとして健康管理ができるアプリが相次いで開発されていますし、ウェアラブルデバイスで生体データを取得してスマートフォンで管理ができるようになっていますが、これらのことも現代人の高い健康志向を顕著にあらわしていると言っても過言ではないでしょう。「まごわやさしい」という言葉が広く広く一般的に認知されていることからもわかるように、健康維持のために食生活を安定させることは非常に重要であり、バランスの取れた食事は健康維...
DHAの豆知識:よく含まれる食品DHAとは、ドコサヘキサエン酸という必須脂肪酸の一種です。主に魚の脂肪に多く含まれています。特にその効果を発揮するのが人間の脳。脳はその約半分が脂質といわれており、記憶学習機能をつかさどる海馬には、脳の他部位の2倍以上のDHAが存在しているため、頭を良くするものとして注目が集まっています。不飽和脂肪酸の中でも必須脂肪酸は体内で合成できないので、食品から摂取しなければなりません。では、DHAを摂取したい場合どのような食品に多く含まれているのでしょうか。その代表として挙げられるのが魚です。ひと口に魚といっても、種類によって含有量はさまざまで、イワシやサバなどの青魚が...
DHAの豆知識:老化との関係近年の日本社会では男女ともに平均寿命が延び続けており、現代人の多くが長生きをすると考えられています。多くの人ができる限り若々しく、健康的に長生きをしたいと考えており、そのための健康維持方法や脳機能の活性化方法などが度々メディアなどで取り上げられ高い注目を集めています。「脳トレ」やスマートフォンのヘルスケアアプリが人気となっていることは、このことを顕著にあらわしていると言っても過言ではないでしょう。老化によって脳機能に変化が生じることは多くの人に周知されていることであり、脳機能の衰えを防止するために「脳トレ」を行う人は多くいますが、「脳トレ」と同等以上に衰え防止の効果...
DHAの豆知識:効率的な摂取法健康に役立つ様々な栄養成分の中でも、近年特に注目が集まっているのがDHAです。年齢を重ねるごとに、生活習慣病をはじめとした様々な疾病のリスクや、記憶力の低下などに不安を感じる人は少なくありませんが、この成分はこれらの予防や改善に効果が期待できることで、積極的に摂取をしている人も多くなっています。そんなDHAは、主に青魚に豊富に含まれる成分である為、摂取法としては青魚を食べることが基本となりますが、より効率よく摂取する為には、成分の特徴を把握しておくことが大切です。青魚を食べる際には、焼く、煮るなどの加熱調理をする人が多いですが、この成分は熱に弱いという特徴を持って...
EPAなら青魚食べるのが一番!青魚に多く含まれるEPAですが、このEPAというのは不飽和脂肪酸と呼ばれています。この不飽和脂肪酸というのは中性脂肪を減らす効果があるんですよ。ぽっこりお腹が気になる方、もしくは健康診断や人間ドックによる中性脂肪の数値が高いのであれば、EPAを積極的に摂取してみるようにしましょう。血液中に脂肪分が多くなってしまう状態を中性脂肪というのですが、この中性脂肪によって血流が悪くなり、ドロドロの状態になってしまうと動脈硬化などの様々な病気を発症する原因になってしまうんですよ。また、中性脂肪が増え続けてしまうと体脂肪が内臓や皮下にどんどん蓄積されていきます。EPAには、血流...
EPAで生活習慣病を予防日本人の死亡原因の上位を占めているがん、心臓病、脳卒中というのは普段の生活習慣が原因となって発症します。生活習慣や食生活の乱れが原因となって生活習慣病は発症しますので、何らかの対策をするようにしなければなりません。特に高血圧症、高脂血症、さらに糖尿病というのは初期の頃には自覚症状はありません。時間が経過するごとに少しずつ症状が進行していき、身体に異変が出るようになりますよ。そこで、EPAやDHAといったものが効果的なのです。EPAやDHAが血液をサラサラにしてくれるんですよ。エスキモーやイヌイットといった魚を主食としている方にとっては動脈硬化や心筋梗塞といった病気を発症...
EPAとDHAEPAとDHAというのは不飽和脂肪酸で非常に高い効果があります。不飽和脂肪酸であるEPAは魚から摂取するのが最も効果的です。しかし、魚から摂取しなくてもサプリメントで摂取することはできますよ。このようにEPAやDHAを摂取するというのは健康を維持するうえで重要なこです。しかし、これらを摂取する際には酸化について考えていますか?EPAやDHAなどといった不飽和脂肪酸というのは酸化しやすいというのが難点です。そのため、サプリメントを摂取する場合には、酸化対策をしっかりと行うようにしましょう。EPAやDHAが酸化されると十分に効果を発揮することができないだけでなく身体に悪影響を与えてし...
EPAと魚EPAを魚で摂取するというのは、健康を維持するうえで非常に重要なことです。EPAを食品から摂取しようとすると、魚を食べることがなによりも手っ取り早いといえます。この魚には豊富に含まれています。EPAだけでなくDHAも豊富に含まれているんですよ。しかし、魚から摂取する場合には注意点もあります。では、どうして魚からEPAやDHAを摂取するのは注意が必要なのでしょうか?実は、魚には非常に微量なのですが水銀が含まれているんです。食物連鎖の関係によって小魚を食べている大きな魚にはそれだけ水銀が蓄積されているのです。水銀自体は、自然界にもありますが微量ですので問題はありません。しかし、多く摂取し...
DHAで頭が良くなる?頭が良くなる成分としてDHAは非常に有名です。このDHAがたっぷりと含まれている青魚を食べるというのは非常に重要なことです。また、DHAは脳細胞の活性化に役立つともいわれています。さらにDHAは性格や行動にも大きく影響すると言われているのです。実際にDHAを継続的に摂取したことによって攻撃性を抑制することができた、というデータもあるんですよ。獣肉よりも魚を多く食べていた日本人は、国民性にもこのDHAが関係していると考えられています。さらに、最近ではキレやすい性格の方が増えていると言われていますが、それは魚の摂取量が減少しているからだとも考えられています。近年では、日本人の...
DHAの効能ってなに?DHAというのは不飽和脂肪酸の一種です。この不飽和脂肪酸というのは血液の中のコレステロールを減少させる働きがあります。さらに中性脂肪を低下させる効果もありますよ。中性脂肪は人間に少なからず必要なものですが、摂取しすぎてしまうとメタボリックシンドロームの原因となってしまうこともあります。DHAはこの中性脂肪がつくられるのを抑制する効果があり、肝臓で中性脂肪を分解しやすくなりますよ。さらに、DHAには子供の脳の発達を促進させることができますよ。人間の脳神経細胞にはDHAが主な原料となっているのですが、成長期にしっかりと摂取することによって健全な脳が育つようになるのです。また、...
DHAサプリDHAサプリというのは非常に多くの方が服用されていると思います。このDHAサプリの選び方というのはどのようにすれば良いのでしょうか。世の中にたくさん種類のあるDHAサプリですが、正しい選び方をご存知の方は少ないと思います。まずDHAは特に摂取量の上限は指定されていません。食生活の中で、どうしても不足しがちな成分になりますので、少しでも多くのDHAを摂取したいと思うものです。ただし、極端な過剰摂取をしてはいけませんので、しっかりと覚えておくようにしましょう。また、人体に安全かどうかということを考えるようにしましょう。サプリメントは毎日続けて初めてしっかりと効果を得ることができるもので...
フィッシュオイルならなんでも良いのか魚嫌いでも、限定付きという方もいるでしょう。焼けば食べられる、特定の魚なら大丈夫、魚卵はむしろ好きだ、という風に。しかし、オメガ3脂肪酸(HADやEPA)を多く含む青魚はやはり苦手な人が多いでしょう。魚好きの方でさえ、青魚は火を通さないと臭くて食べられないという方もいるくらいです。だからこそフィッシュオイルサプリメントは多くの方に使っていただきたいのですが、実際に使用するときは確実に安全なものを選びたいですよね。魚を食べる機会が少なく、フィッシュオイルサプリメントを取り入れたいのであれば、ドクターズチョイスのフィッシュオイルサプリメント「プレミアムオメガ3」...
オメガ6脂肪酸が多くなるとどうなるかフィッシュオイルの効果は多岐に渡ります。上述したように血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪の値を下げるという、脂質の調節効果。それに追随して、動脈硬化を防ぎ、心疾患を防ぎ、血圧を下げ、当然、高脂血症も予防できます。つまり、重大な障害がときとして死に繋がりかねない血管に関わる疾患のほとんどを予防できるのです。また、中性脂肪の値を下げるので単純にダイエットになる他、中年以降気になるメタボリックシンドロームの予防・改善にも繋がります。また、アレルギーなどが原因の炎症を抑える効果もあり、アトピー性皮膚炎や関節痛などを和らげる効果があると言います。オメガ6脂肪酸が多く...