DHAの豆知識:老化との関係

 

近年の日本社会では男女ともに平均寿命が延び続けており、現代人の多くが長生きをすると考えられています。
多くの人ができる限り若々しく、健康的に長生きをしたいと考えており、そのための健康維持方法や脳機能の活性化方法などが度々メディアなどで取り上げられ高い注目を集めています。
「脳トレ」やスマートフォンのヘルスケアアプリが人気となっていることは、このことを顕著にあらわしていると言っても過言ではないでしょう。

 

老化によって脳機能に変化が生じることは多くの人に周知されていることであり、脳機能の衰えを防止するために「脳トレ」を行う人は多くいますが、「脳トレ」と同等以上に衰え防止の効果を期待できるのがDHAの摂取となります。

 

青魚に多く含まれるDHAは、脳内の神経物質を活性化する働きがあり、老化によって傷ついて脳内の神経細胞を修復してくれる効果があるのです。
アルツハイマーや老人性痴呆症等は脳内の神経細胞が死滅し、脳が萎縮してしまうことが原因とされています。DHAを摂取することでこれらの脳の病気の予防に高い効果が期待できるというわけなのです。

 

また、DHAには血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす効果もあるので、脳だけでなく、体の健康維持にも効果的なのです。